もう「しわ」なんて恐くない!内側から老化予防する方法

「しわ」の本当の原因、知ってますか?

年齢と共に増えていく「しわ」は女性にとっては大きな悩みの一つです。「しわ」のために年齢より老けて見られたら、それだけでガッカリしてしまいますよね。そもそも「しわ」が出来るのは老化によるコラーゲンの減少と言われてきましたが、くわしくは「糖化」とういう現象によるものだと知っていましたか?人間の肌はたんぱく質で出来ていますが、食事で甘いものを食べるとたんぱく質が糖分と結びつき硬く変質してしまいます。これが「糖化」という肌の老化現象です。

低GIで「しわ」を予防しましょう!

肌の内部のコラーゲンは実はたんぱく質の一種です。これが糖質と反応することで、AGEs(糖化最終生成物)という物質ができてしまいコラーゲンの弾力がなくなっていくのです。まだAGEsを分解する酵素は発見されてないので、予防するしか手はありません。予防方法はなるべく若い時から甘い物を控えることです。白砂糖ではなく黒砂糖や蜂蜜、ココナッツシュガーなどの低GI食品をと採るといいでしょう。ブルーベリーエキスやヨモギエキスが予防に良いとも言われています。

お肌のケアはシンプルが一番です!

甘いものを食べ過ぎて肌を糖化させないことも重要ですが、もうひとつ「しわ」を予防するには肌を「甘やかさない」ことも大切です。特にクリーム類を塗りすぎると、肌本来の機能が失われていき、弾力を失う原因になります。肌は新陳代謝を繰り返し、常に新しく生まれ変わっています。それをターンオーバーと言いますが、要するに肌の表皮が「アカ」となって剥がれ落ちることです。このターンオーバーを正常に保つことが「しわの予防」には大切です。過剰にクリームで肌を守りすぎてもいけないし、顔を洗いすぎたり、行き過ぎた角質ケアも逆効果です。適度な洗顔とシンプルなケアが一番効果的だということですね。

しわは体内のコラーゲンが減少して肌が乾燥することで生じる肌トラブルです。日焼けや不摂生な生活などが原因になることもあります。保湿ケアやコラーゲンの補給などで予防することができるでしょう。